スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩 [ 麦わら帽子 ]

++ 麦わら帽子 ++


君のかぶる麦わら帽子 いつも目線が追いかけた
あの日の夕焼けの空 思い出すと寂しく切ない

耳を澄ませば聞こえて来る 近所の子供達の声
とても楽しそうに遊ぶ姿 羨ましくて横目で見ていた

打ち解けることも出来ず 1人で帰ったいつもの道
孤独に打ち勝つ術なら 子供だったけど持っていた

どうせ秋になれば 家族全員で引越すんだから
仲良くなると辛いからと 寂しさを紛らわしていた

あの輪の中に入れたら きっと楽しいだろうけど
自分がどう思われているか 怖くて勇気が出なかった

でもキッカケなんて とてもあっけなかったんだよね
夏が終わる頃には いつの間にか友達になっていた

風の悪戯 ただの偶然 こっちに飛ばされてきたのは
君の大事な麦わら帽子 それを拾って渡しただけ

直ぐに打ち解けた それから毎日遊んだ 
日が暮れるまで 今までを取り戻すかのように

楽しくて嬉しくて 夜は次の日が待ち遠しくて
夏が終わりに近づくまでは・・

秋にはお別れだと知った君 悲しくて泣いてくれた
それが嬉しかった 別れるのはとても辛かったけど

涙を堪えながら 笑顔で見送ってくれた君
そんなことを思い出して 泣き出しそうになった

そんな臆病者は 今も臆病者のまんまだけど
ほんの少しだけ 僅かだけど 強くなれた気もするよ

あの夏の終わり 君がくれた麦わら帽子
二人を繋いだ麦わら帽子をじっと眺めているんだ

ぼんやりと ただ ぼんやりと


++ straw hat ++


A look of the straw hat which you put on always ran.
It is lonely when remembering in the sky of the afterglow on that day and it is painful.

The voice of the progeny in the neighborhood which it is possible to hear if cleaning an ear
The appearance which plays,
that it seems that it is very delightful was enviable and it was seeing in the leer.

The usual road which could not open up,
too, and returned oneself It was a child if being
the art which overcomes a solitary but it had.

Because anyhow, move in by family all the members if
the autumn comes It was concealing loneliness,
saying spicy when becoming good for the relations.

but will be surely delightful if putting into that ring
How seemed it of it or nerve's not coming out fearfully

The catchword, and so on, was very disappointing.
When the summer ended,
it became friends all too soon.

It was transferred to accident ordinary wind dido here.
Only it picked straw hat it of you which is valuable up and it handed it over.

Since then, to have been immediately thawed played every day.
Retrieve so far until the day draws in or be.

Delightful, glad and impatient for the next day at night
Until the summer draws to the end, it is ...

It cried, being sad in you who knew that it was a farewell in the autumn.
but to part was very spicy but glad about it

You who let with a smile while enduring tears It remembered such
a thing and to break into tears got to seem.

but such a coward is the condition of the coward still It does a feeling
of being strongly accustomed even if only it held only a little, too.

The straw hat which end you in that summer gave to It is
looking attentively at the straw hat which joined two.

Only the absentminded dimness


COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/419-3230615b
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。