スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリニダード・トバゴ戦

キリンチャレンジカップ2006
日本 VS トリニダード・トバゴ

W杯では守りに徹していた トリニダード・トバゴ。多少メンバーが違うとしても この試合もそれほど前掛かりにはこないと思ってましたが案の定、様子を見る感じでフリーになった選手には早めにチェックに行って安全な試合運び。それよりも日本がどうゆう試合運びするのだろうかとゆう興味の方が上だったのですけど、田中達の動きが良かったですね。一方もう1人今回先発したFWの我那覇 はどうなんだろ。こうゆう言い方は酷かもしれないけど、ちょっと潰されるシーンしか印象に残っていません。

で、試合が動いたのは前半17分。相手PA前で得たFKのチャンスで三都主が蹴ったボールが相手ゴール右に決まる。これで日本が先制した訳ですが、皮肉なことに新たに召集された選手では無くてジーコ時代のメンバーアレックス。ま、このメンバー構成自体は極端に言うと浦和主体ですからジーコ時代のメンバーとかそうゆうこととは別次元の話なのかもしれないですけどね。

その5分後、またも三都主。センターサークル付近で駒野がボールを受けた瞬間、既に前線に走り始めていた三都主。そのまま駒野がDFの裏へ通すパスでその三都主へ。これを受けた三都主が、飛び出してきたキーパーに対して浮き玉でシュート。これが決まって日本の追加点。得点シーンを見れたのは結局この2点でしたが、2点目は2列目から飛び出しで流れの中から奪った得点なのでこれはかなり評価が高いと思います。とゆうか守備の呪縛を取り払われた三都主は使えますね。こうゆう使われ方なら期待できる。

気になったのは後半に入って日本は運動量が落ちたこと。そのお陰でトリニダード・トバゴにボールを支配された時間帯が増えたことですか。それでもPA内まで切れ込まれるような危うい場面も無く(CKから一度危うい場面あったけど)、ヒヤヒヤすることは無かったので、初戦としては上出来だったのではないでしょうかね。

と。

でもトリニダード・トバゴはW杯のパフォーマンスは見る影も無く・・

  • 日本代表先発メンバー。
    GK
    川口能活
    DF
    田中マルクス闘莉王、坪井慶介
    MF
    田中隼麿、駒野友一、鈴木啓太、
    長谷部誠、山瀬功治、三都主アレサンドロ
    FW
    我那覇和樹、田中達也


  • 途中出場選手。
    後半11分 小林大悟(山瀬功治out)
    後半16分 栗原勇蔵(坪井慶介out)
    後半21分 佐藤寿人(我那覇和樹out)
    後半29分 中村直志(長谷部誠out)
    後半41分 坂田大輔(三都主アレサンドロout)



結局勝って良かったですが、一週間後のアジア杯予選のイエメン戦。この試合こそ本当の意味でも大事な試合。
ここも是非キッチリと勝って欲しい所。

にほんブログ村 サッカーブログへ

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/307-e2fad68d
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

08 * 2017/03 * 11

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。