スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doing It For The Kids

Doing It For The Kids
LOCAL SOUND STYLE
Doing It For The Kids

2004年、青森県弘前市で高校時代を過ごした後、別々の道を歩み始めていた4人が、まるで導かれるかのように上京先の東京で再会を果たし、結成されたLOCAL SOUND STYLE。HI-STANDARD/BRAHMAN等に代表される90年代J-PUNKと、OASIS/BLUR等に代表されるブリット・ポップ、THE GET UP KIDS/JIMMY EAT WORLD等に代表されるEMOを同一線上で消化し、独特の蒼いフック、疾走感に満ちた楽曲を次々と生み出していった彼等は、2005年9月に発売したライブ会場/STM online限定のセルフタイトルEPが大きな反響を呼んだことで(STM online JPチャートNo.1を獲得)、一躍インディー・シーンの要注目バンドへ。2006年に入ると、同EPのアメリカ盤が、外資系CDショップで“逆輸入盤”としてスマッシュ・ヒットを記録(各地で3桁超えのセールスを記録する店舗が続出)、日本最大のインディー系専門サイト「indiesmusic.com」においては、名だたるバンドを抑えて1位を獲得する等(2006年度年間チャートでも1位獲得!)、その注目度は一段とアップしていった。そして2007年4月、日本人離れしたセンスと平均年齢23歳とは思えない演奏力を武器に、国内の猛者たちだけでなく、DAPHNE LOVES DERBY、DREAM STATE、HOLIDAY WITH MAGGIE、WAKING ASHLNAD等、世界のトップ・バンドをも魅了してきた彼等が、あのエド・ローズ(THE GET UP KIDS、MOTION CITY SOUND TRACK etc)をプロデューサーに迎え、待望の1stアルバムをリリースする。結成から目指し続けてきた、世界との壁を打ち破る為に。
Doing It For The Kids

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/1699-8b5f7a72
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。