スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカーナ

アメリカーナ
オフスプリング
アメリカーナ
1. ウェルカム
2. ハヴ・ユー・エヴァー
3. ステアリング・アット・ザ・サン
4. プリティ・フライ(フォー・ア・ホワイト・ガイ)
5. ザ・キッズ・アーント・オールライト
6. フィーリングス
7. シーズ・ガット・イシューズ
8. ウァラ・ウァラ
9. ジ・エンド・オヴ・ザ・ライン
10. ノウ・ブレイクス
11. ホワイ・ドント・ユウ・ゲット・ア・ジョブ?
12. アメリカーナ
13. ペイ・ザ・マン ※〈CDエクストラ〉

ジェロ・ビアフラとの親交が彼らオフスプリングの中に潜在する遊び心の引き金を引いたのか? それとも高額な印税、セクシーなお姉ちゃん、高級スポーツ・カーといったものが彼らのやる気に火を点けたのか? いずれにせよ、苦悩と狂気をエネルギーと風刺へと見事に変換させてみせてくれた、バンド4作目にあたる本作が、4作品中、最も勢いのあるアルバムであることは確かである。「Pretty Fly(For a White Guy)」では感染症的リフや「Give it to me, baby」と繰り返されるフライ・ガールのチャントにあわせてシャウトするヴォーカルとミーハーを皮肉った歌詞が調和をみせ、モーリス・アルバートの「Feelings」のパンク・ロック・ヴァージョンでは、バンドが新たな(非)感性のレベルに達しつつあることを予感させてくれる。また、ザ・カーズのギター・メロディーをパクった「She's Got Issues」、アイアン・メイデンばりの聖歌で始まる「The Kids Aren't Alright」、ビートルズの「Ob-La-Di, Ob-La-Da」の露骨なパロディーの「Why Don't You Get a Job?」では、彼らのユーモアはかなりの毒気をはらんでいる。音楽的には、新たな発見に欠けるものの、聖歌調のパンク・メタルから痛烈なハードコア、果ては、かなり本格的な実験的サイクまでと縦横無尽に変化する本作は、オフスプリングの全作品中、最も巧みでバラエティに富んだ作品に仕上がっている。
アメリカーナ

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/1683-1c9ca85f
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。