スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blink-182

Blink-182
ブリンク182
BLINK 182
Blink-182
1. Feeling This
2. Obvious
3. I Miss You
4. Violence
5. Stockholm Syndrome
6. Down
7. The Fallen Interlude
8. Go
9. Asthenia
10. Always
11. Easy Target
12. All Of This
13. Here's Your Letter
14. I'm Lost Without You
全米No.1アルバムになった前作から2年半ぶりのアルバム。プロデュースはジェリー・フィン(ランシド、グリーン・デイなど)、キュアーのロバート・スミスがゲスト参加。エンハンスドCD仕様でメンバーが全製作を担った“新しいアートのフォーマットを築き上げた(メンバー談)”ヴィデオ・クリップを収録(約20分)。
Blink-182
Blink-182流のポップ・パンクとは、いつだって単に楽しいだけのものではなかったのだが、この6作目のスタジオ・アルバムが「音響体験」を味わせてくれるとは意外だった。ギター / ベース / ドラムというフォーマットは維持されているが、本作の遊び心とリリシズムは、Blink-182のサウンドの幅を広げるものだ。

「Violence」と「Stockholm Syndrome」に出てくるテンポの変動や沈黙(に近い状態)は、ポスト・パンクの手法からの援用であり、バンドのトレードマークである威勢のいい上昇感に新味をもたらしている。後者で改造ピアノが使われていることから察するに、若き日の彼らはサイケデリック・ポップの名盤として名高いスモール・フェイセスの『Ogden's Nut Gone Flake』を聴きこんでいたのではないか。

2001年のアルバム『Take Off Your Pants and Jacket』と同様に、一聴すると孤独というテーマが浮かび上がってくる。ただし、今回は以前より大きな意味での孤独である。人間と犬のカップルを祝福するおバカ・バンドから少しは成長したかって? もちろんだ。とにかく聴いて損はない1枚である。

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/1606-d633c9a6
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。