スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩 [ 水色の手袋 ]

++ 水色の手袋 ++

風が冷たい季節がきた
またあの時のことを思い出す

雨の中
ずぶ濡れになりながら
震えていたあの日
ある店の前で膝を抱えていた

傍から見ればそれはまるで
捨て犬のようだったのだろうか
1人の女が無言で俺に何かを
差し出して去っていった

俺は呆気に取られていたが
素直に受け取ってしまった

その時の感情は惨めな気分と
暖かい気持ちが入り混じっていた

これが人の優しさとゆうものなのか
自然と眼から何かが流れていた

確かにあの女にしてみれば
只の気まぐれなのかも知れないけど

俺はその時確かに何かを手に入れた気がする
それが何なのかは解からないが・・

その水色の手袋は
今でもタンスの中に入っている
しかも未だに使っている
もうボロボロになってしまった手袋

でも

この世で一番暖かい手袋

TRACKBACK URL

http://punkpunx.blog67.fc2.com/tb.php/1401-637155ac
こちらから送り返せない TB 又は商材ページ、 記事と全然関係の無い TB は削除致します (とゆうか、そうゆうのは送ってくるな)


side menu

CALENDAR

06 * 2017/07 * 08

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

music

リンク

bbs

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

検索

翻訳

ブロとも申請フォーム

パンク

MATERIAL

【お借りした季節の素材】
小さな憩いの部屋

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ
あわせて読みたい

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。